セロトニン顔

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンは人間の睡眠や食欲に大きな影響を与え、ストレスによるイライラを抑えて心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、『幸せホルモン』とも呼ばれ、

不足すると気分が落ち込んでやる気がでない状態に陥りやすくなるとも考えられています。

セロトニン不足が続くと、「うつ病」になります。

よく、セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びると良いと言われています。

また、身体を動かす運動は、セロトニン神経を活性化させるためにとても重要だと言われています。

現代人は、運動不足になりがちな生活習慣を送っていますが、誰でもできることが、

「歩く=ウォ―キング」ことです。

ウォ―キングを習慣化すると、ホルモンバランスを整えることができます。

ホルモンバランスが保たれるていると、表情にも表れ、満たされた顔になります。

まさに、これを「セロトニン顔」とも、呼ばれています。

その人の周りには、自然と人が集まり、幸せが呼び込まれます。

セロトニン顔の代表的な存在は、スーパーボランティアと呼ばれて時の人となった

「尾畠春夫さん」です。

2018年、当時78歳だった尾畠さんは、山口県で行方不明になった2歳の男の子を救出しました。

無事に保護され、両親の元に戻った時の尾畠さんの心からの笑顔は、素晴らしいものでしたね。

まさに、あの笑顔は、「セロトニン顔」だそうです。

作り笑顔ではなく、心からの笑顔です。

あんな笑顔を見せてくれる人には、病気が寄り付かないでしょう。

エネルギッシュな尾畠さんには、歩行習慣が身についています。

歩行習慣で、幸せホルモン「セロトニン」が分泌されれば、自然と笑顔になります。

まさに、ウイルスを寄せ付けない心からの素敵な笑顔ですね。

毎日の歩行を続けている人はみな「幸せ顔」なので、一目見ただけで分かるそうです。

是非、あなたも、歩く習慣を身に付けてみませんか?

8月9日

今から75年前の1945年8月9日午前11時2分。

長崎市に原子爆弾が投下されました。

長崎市で生まれ、育った私は、小さい頃から、学校や周囲の大人から

原爆の事や8月9日がどんな日であるのかを

毎年、教え、伝えられてきました。

また、大人になり、小学校の教師となってからも、原爆について、戦争についてを

8月9日の登校日に、子どもたちへこの日の意義を話してきました。

2年生の担任をしていた頃、こんなことがありました。

「長崎の子うま」という本を人形劇にした作品のDVDを

子どもたちと一緒に鑑賞していました。

それを見ていた女の子がぽろぽろと涙を流して泣き出したのです。

長崎の原爆で母を亡くした子馬、いなさ号が主人公の物語。

原爆の被害にあったのは人間だけでなく、動物や植物も一緒。

人間の身勝手さが起こした戦争のために動物たちは犠牲になってしまったという、とても、悲しいお話です。

その子は、お母さんを亡くした子うまの気持ちを思って、

とても、悲しかったのでしょう。

長崎県下の小・中・高校では、8月9日は、登校日となり、戦争、原子爆弾、平和についてを考える日となっていますが、

他県(広島県を除く)では、8月9日が何の日なのかさえも、知らない子どもたちも多いという現実があります。

きっと、この女の子は、「8月9日」を忘れることはないでしょう。

原爆投下から75年。

「二度と同じようなことを繰り返さないでほしい」

と祈るばかりです。

握れば拳(こぶし)開けば掌(手のひら)

このことわざの意味は、

『たとえ同じものでも、気持ちや状況で、いろいろに変化するということのたとえ。

手も、握れば人を殴る拳になり、開けば人をなでる掌になる』

ということです。

“怒り”がこみあげてくると、自然と体に力が入り、手をギューと握って、拳をつくっていることがありませんか?

喧嘩っ早い人なら、思わず怒りを向けて人を殴ったり、物を壊したりしていることでしょう。

しかし、同じ状況でも、人によっては、『恨まず、怒らず』、その状況を「自分にとっての試練」と受け止めて、気持ち穏やかに一歩を踏み出すことでしょう。

「手のひら」とは、不思議なもので、我が子がお腹が痛かったり、転んで怪我をした時など、お母さんが

「痛いの痛いの飛んでいけ~」

と、優しく患部をさすってあげると、魔法がかかったように、良くなるということがあります。

また、緊張して筋肉が固まった体を優しく手のひらで触って、ケアしてもらうと、緊張が緩み、全身がリラックスするという効果があります。

まさに、「掌」は、“癒す”力があるということです。

言葉のもつ力

「言葉」は、「言霊」というように、人に勇気と力を与えてくれます。

日本には万葉の時代から、「言葉には魂が宿る」という思想がありました。

万葉集にも、「言霊の幸(さきわ)う国」と詠まれ、言葉にはある種のパワー(呪力)が宿っていて、口に出して言うと、それを言霊の力で実現してしまうものだと信じられていました。

たかが言葉、されど言葉ですね。

先日から、このことを感じる出来事がありました。

「夢にときめけ 明日にきらめけ めざせ甲子 」 と聞いて思い出すのは、青春ドラマ「ROOKIES」の中で、顧問教師の川藤先生が 元不良少年のような野球部員に言った言葉の数々。

「夢にときめけ 明日にきらめけ めざせ甲子園」

「道を開くものは、自信と勇気だ」

「一歩前へ進んだという自信が力になるはず」

「自分の芯なる気持ちをもって!」

「環境のせいにするな。すべては自分次第で変えられる」

こんなに、何だか照れくさくって、熱い言葉の数々が語られています。

大人になれば、もう、そんな言葉に熱くならない”自分”がいることでしょう。 しかし、それこそ、大人になっても、心に染みる言葉であり、 いくつになっても、そのように、行動していく力の元になるものです。

卒業式を終えて、ピッチューの安仁屋君から川藤先生に贈られたお礼の言葉。

「俺は、おめぇから、無駄な努力はないということを教えてもらった。 諦めない心を教えてもらった。 夢の大切さを教えてもらった。 ほんとにお前に感謝してる。 ありがとうございました。」 と言い、深々とお辞儀をしました。

先生を「おめえ」と呼ぶちょっと、乱暴な彼ですが、 心から感謝の気持ちが伝わってきます。

元不良だった野球部員たちが一人の熱血教師に出会い、「甲子園へ行く」という夢を実現させていくまでの葛藤の中で、交わされた言葉が生徒たち一人一人の心に響き、成長させていきます。

この川藤先生のように、子ども達にとって、先生から掛けられた”言葉”は、その子の一生を左右するぐらいの力(パワー)があるのです。

私も、お客さまと接する時は、なるべく肯定的な言葉を使い、 少しでも、元気になれるよう、一歩を踏み出せるような言葉を使えるよう、 気掛けていきたいです。

カラダとココロにいいことやってますか?

最近、私が続けてやっている事は、『「朝、ウォ―キング」&「朝ストレッチ」』です。

6時頃に起床し、それから、着替えて(なぜか赤の靴下はサッカー用(笑))

近くを歩いています。

ストレッチしているのは、近くの大学構内のベンチがあるところです。

その場所を気に入っているところは、上を向けば、木漏れ日があったり、

向かい側には、山並みが見えたり、

いつもの猫ちゃんが散歩してたりしているという自然豊かなことです。

今日は、池の「蓮の花」のつぼみが少し開いていました。

これから、どんどん花開いていくのが楽しみです。

自然の中で行うと、リラックスでき、変な力が入らず、とても、気持ちが和らぎます。

晴れの日のウォーキングは、朝日を一杯浴びるので、とても気持ちいいです。

そして、気持ちがシャキッとなります。

おまけに、太陽の光を浴びることで、セロトニン神経が活性化され、

脳内に「セロトニン」分泌され、取り込まれていきます。

セロトニンが分泌されると、不安やイライラ、うつ病などの様々心の病に解消に効果があります。

朝、光を浴びると、脳にある体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。

また、体内時計からの信号で、メラトニンの分泌が止まります。

メラトニンは目覚めてから14~15時間ぐらい経過すると、

体内時計からの指令が出て、再び分泌されるようになり、

 徐々に分泌が高まり、その作用で深部体温が低下して、

眠気を感じるようになっていきます。

「朝ウォ―キング」のおかげで、夜9時ごろになると、自然に眠気がさし、

10時半ごろには、床に就くようになりました。朝もすっきりです。

あなたも、是非、早起きして、カラダやココロに良い事をやってみて下さいね。

生きがいを持って人生を楽しんでいる人は、病気になりにくい

5月になりましたね。

ここ2,3日、気温が高く、暑く感じます。

今の時期は、「免疫力を高める」とか、「免疫力を維持する」とかの”言葉”を良く目にします。

新型コロナウィルス感染症では、持病がある人や免疫力が下がっている人が重症化しやすいと言われている事とも関係があるからでしょう。

病気 は 身体 からの SOS です。

身体 が「 疲れ た」「 きつい」「 休み たい」

と教えてくれているうちに 、身体が求めていることを始めてみましょう。

元薬剤師の宇田川久美子さんの著書「その一錠が脳をダメにする」の中に、

こんな文章がありました。

「生きがいを持って人生を楽しんでいる人 」

「近い将来に、わくわくするような目標を持った人」

 「リラックスした 時間を楽しんでいる人」

は、 病気になりにくかったり、病気と上手に付き合うことができるということでした。  

「仕事が生きがい」

という人は少ないでしょうが、仕事以外にも、楽しめることや、心がワクワクするような

事に取り込めるものがあったらいいですね。

脳は、『快』と感じることが大好きです。

また、「リラックスした時間を楽しめる人」とは、

日常生活を送る上で、ONとOFFの切り替えをきちんとやっていて、

力の抜き方が上手な人だと言えるのではないでしょうか。

オープン10周年

4月22日で、開業してから、10周年を迎えました。

11年前(50歳の時)、30年間勤務していた小学校教師を 退職し,その後、1年後に、開業し、今に至っています。

月日が経つのは、早いものです。

50年以上、生きていると、人生にはいろんな事が起こりますね。

・17年前、6歳違いの姉が50歳で亡くなった

・勤続27年目の時、離島勤務時、腎臓に大きな結石が見つかり、入院と治療の繰り返し

その後、本籍地に戻っても、続く治療

・離島の学校から、本籍地のある街の学校へ転勤し、環境の変化から体調を崩す

・3ヶ月の休職 ・問題を抱える児童と他の児童とのトラブルへの対処

・学級事務以外の仕事量の多さ

このように、仕事やそれ以外のストレスを抱えていました。

自分自身を振り返ってみると、勤務時に、「ココロとカラダ」のケアを受け続けていたので、復職するまでに、3ヶ月間で済んだのだろうと思っています。

「過労死」は、英語で、「karoshi」と書きます。

自分の骨身まで削って働く日本人

もっと、自分を大事にして欲しい。

コップに水を注ぎ続けると、表面張力が働いて、こぼれませんが、ある瞬間になったら、 いっぺんにこぼれ出してしまいます。 これは、人の身体にも、同じ事がいえます。

頑張り過ぎると、自分の体も悲鳴をあげることに、気づいてほしい。 もっと、もっと、「自分のココロとカラダ」を大事にしてほしい。

あなたの周りには、たくさんの方々が、あなたを見守ってくれています。

「ストレス社会」を生き抜くためには、どうしたらいいのか。

なぜストレスを抱え込み過ぎると、病気になるのか どのような生活習慣を身に付ければよいのか 。

どのような考え方をすればいいのか 。

ストレスを無くす事はできませんが、心身の緊張を解くと同時に、「ストレスとの上手な付き合い方」を伝え続けることで、 人を笑顔にしていきたいです。

週末は、「ニクセン」

予定びっしりの忙しい毎日、「どうしたらストレスを軽減しつつ、充実した毎日を送れるか?」というのは、私たち現代人の課題ですね。

そんな中、現在、オランダで流行っているストレス軽減法「niksen(ニクセン)」

これはオランダ語で「何もしない」を意味する動詞で、文字通り何もしないことがストレスを軽減するものです。

オランダでも仕事のストレスによるバーンアウト(燃え尽き症候群)が増えてきたので、それに対処するためのコーチングなどで使われている手法です。

例えば、窓の外をぼーっと眺めたり、ソファに寝そべって音楽を聴いたり、近所をぶらぶら散歩したり……次の予定や今抱えている問題をいったん離れて、心を浮遊させるのです。

まずは自分に「何もしない」時間を許して、自分を義務感や生産性から解放することで、心身がリラックスできるようになり、ストレスが軽減していきます。

ストレスが減れば、バーンアウトを防いだり、免疫力を高めたりすることにも

つながります。

また、ニクセンは、ひらめきを生み、創造性を高める手法としても注目されています。

何も考えずにシャワーを浴びている最中とか、朝、散歩をしている時に、いいアイデアがひらめいた経験のある人は多いのではないでしょうか。

何もしていない時でも脳は情報を処理しているので、「ぼーっ」とすることで

脳の処理能力に余裕が生まれて、良い考えが生まれたりするようです。

窓の外を見ながらぼーっとするのが苦手な人は、「目的なく何かをする」でもいいんです。

例えば、何も考えずに洗い物をしたり、単純作業をしたり、編み物をしたり、

何も考えずにスマホのゲームをするのもニクセンになるんだそうです。

要は、自分に合ったニクセンを見つけて、それを仕事の合間に少しでも

取り入れてみることです。

家事に仕事にと追われるように日々の雑務をこなす毎日。

休憩時間があったとしても、無意識のうちにずっと考え事をして、頭の中は、ちっとも休まっていないということもあります。

そんな自分の手綱を一旦ゆるめて、意思をもって「何もしないこと」を実践し、

また、ニクセンは、ひらめきを生み、創造性を高める手法としても注目されています。

何も考えずにシャワーを浴びている最中とか、朝、散歩をしている時に、いいアイデアがひらめいた経験のある人は多いのではないでしょうか。

何もしていない時でも脳は情報を処理しているので、「ぼーっ」とすることで

脳の処理能力に余裕が生まれて、良い考えが生まれたりするようです。

要は、自分に合ったニクセンを見つけて、それを仕事の合間に少しでも

取り入れてみることです。

家事に仕事にと追われるように日々の雑務をこなす毎日。

休憩時間があったとしても、無意識のうちにずっと考え事をして、頭の中はちっとも休まっていないということもあります。

そんな自分の手綱を一旦ゆるめて、意思をもって「何もしないこと」を実践し、

少し強制的にリフレッシュするというのが「niksen」の考え方のようです。

やるべきことがたくさん溜まっていると、休日でさえ何もしないことに罪悪感を感じてしまうことも。

ところが、最高のアイディアがひらめくのは「niksen」を実践している時なのだそう。

何もしない時間を取った分、リフレッシュしてより良いアイディアが生まれ、生産性も高まるのかもしれません。

「niksen」を実践することで、心と体がリフレッシュできるのはもちろん、結果的には

より効率良く仕事ができるようになるということです。

「週末は、Nikusen。」著:山本直子

読んだら、

「あっ、これやってる。私」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

週末は、是非、「ニクセン」を!

#オランダ  #Nikusen  #ひらめき  #ストレス軽減法

脳疲労改善と快眠のおはなし

大きなストレスや慢性的なストレスを受けると自律神経が乱れていきます。

日中は活発に活動する必要があるため、交感神経が優位になります。 その後夕方になるにつれ交感神経の働きが弱まり、副交感神経の働きが強くなっていきます。 副交感神経が働くことで、心身は落ち着き、夜に眠気が生じるようになるのです。

しかし、現代社会では、継続的にストレスを抱える状況の中で、緊張状態が続き、 交感神経が優位になる生活を送っています。 それでは、夜に、すんなりと、眠りに就くことは難しいですね。

ストレス社会で生きている現代人は、「睡眠」に、問題を抱えている方が多いようです。

そこで、「睡眠」と自律神経が乱れる原因となっている「脳疲労」に関するセミナーを開催します。

脳疲労改善と快眠のおはなし 「脳疲労」×「快眠」コラボセミナー

期日:4月26日(日)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、延期となりました。

時間:10:00~ 12:30  

会場:長崎市男女共同参画推進センター

   アマランス会議室1

受講費 :3,000円

参加 特典として、「今日からできる自律神経が整う生活術」& 「いびきを予防するあなたに合ったまくらの正しい使い方」がわかる大好評テキストをプレゼントします!

このセミナーを受けると、あなた“明日”が変わるかもしれません。

連絡をお待ちしてます(^^♪

ストレスコンディションケア長崎

TEL:095-843-1326または、090-9726-4036へ

E-mail: nagasaki@j-stress.jp

首尾一貫感覚

先日、各都道府県にある「産業保健推進センター」での講座で教えて頂いた内容です。

20世紀後半に、医療社会学・健康社会学者であるアントノフスキーが、1987年に健康を保持増進させる一つの要因として「首尾一貫感覚(Sense of Coherence)(SOC)」を提唱しました。

この概念は、ストレスの対処と健康保持との関係を解いていることが特徴的で、世界の保健医療で使われています。 SOCとは、「人生で起こるさまざまな出来事や環境を、一貫したものと捉えた感覚」であり、次の3つの要素で成り立っています。

アントノフスキーはSOCの構成要素を「有意味感」「把握可能感」「処理可能感」という3つの感覚で説明しています。

「有意味感」とは、どんな辛いことに対しても、意味を見いだせる感覚です。 (意味を見いだす力)

「処理可能感」とは、自分がよかれと思う行動を最後まで成し遂げられるという感覚です。(何とかなると考える力)

「把握可能感」とは、どんなことも自分の行動と結果が関連しているという感覚です。(先を見通す力)

この3つから考えても、いかに、自分に起こった様々な出来事を ”どう捉えるか” で、その人の健康が良い方向にいくか、悪い方向にいくか、決まってくるとは 面白いですね。

「こんなこともあると思っていたよ」

「大丈夫、なんとかなる」

きっと、この失敗にも大きな意味があるはずさ」

このよう考えていきたいものですね。